2013/12/22

図録 制作快調

We are making Noriyoshi Ohrai's book of paintings. 



生頼範義氏の画集を「みやざきアートセンター」と一緒に制作中。

印刷の色を原画に近づけるために、製版の技術者がPCを持ち込んで調整中。

この後、赤シャツが原画に映り込みそうで脱いだのは私です。

色を見るために原画を舐めるように鑑賞もできました

筆のタッチが凄い! デッサン力が凄い! 色彩も凄い!

<赤いシリーズ 221>
宮崎市
写真は以下より
生賴範義 展 The Illustrator よりリンク


2 件のコメント:

chu-totoro さんのコメント...

図書館で展覧会チラシを入手しました。ウラ面のコメントがすごいですね。そうそうたる顔ぶれ。ローカルな行事とは思えないくらい。ぜひ東京展もやらなきゃいけないんじゃないの?

ミワノコウジ さんのコメント...

東京の人も来てくれるかな? と思っていたら「そのうち東京であるさ」と思っているようです。実行委員会は気にしているはずですが……。
さてチラシに有名人のコメントにありますが、実は下の小さな字の協力が凄いです。
世界で最も著作権にシビアなアメリカの会社や、chu-totoro さんも親しんだ有名出版社、映画会社もクレジットされています、ここも見て楽しんでください。