2016/11/29

氏の仕事を包むケースデザインはどれだろう?




大量に作ったデザインサンプルの一部
 
左から絢爛な金、すっきり銀、生頼グリーンをイメージした緑銀 等々。
手触りの違った紙でも作ってみた。
 
決まったのは、本棚に並んでいる時には黒の塊をイメージ、氏の作品の重厚感を。
取り出してサイドを眺めると作品の量を感じさせる、様々な作品を配したデザインに決定。
 
その後、製函所で1mm刻みでサンプルを作って貰い、重い図録がちゃんと止まる、すっと出る 最適な寸法を検討しました。
 
サイドの作品も原画に忠実に印刷、細部まで丁寧につくって頂きました。
 
1962年から2015年まで、作品の一部とは言え1000点オーバーの作品群を掲載した図録ケースはこうして作られました。
 
〈赤いシリーズ683〉
 

0 件のコメント:

コメントを投稿