2019/06/25

ヤンマー



シャープでカッコイイ
 
ちょっと昆虫
 
〈赤いシリーズ〉
西都農業祭り

2019/06/24

マンゴー



贈ってばかりだなぁ
  
〈赤いシリーズ〉
写真は汎用品
贈答品は色も大きさも立派

2019/06/14

はやりものはすたる前に


原宿に用事がないので
 
近所のファミマでゲット
 
どんなかな?
 
〈赤いシリーズ〉
う〜む
喉をぽんぽんノックするタピオカより
歯で楽しむナタデココが好だわ


2019/06/13

あちらのハウツー本



料理の撮影テキスト
  
肝心な文章が手描き文字で自動翻訳できず
 
結局自力で翻訳
 
「料理写真は状況をつくるのが大事」と
 
そのパーツとして布の収集を提唱
 
そういえば欧米は布の上に料理を載せる文化なのね
 
只今コツコツ収集中
 
〈赤いシリーズ〉
あちらのハウツー本は
表面的な技術だけでなく
もっと骨の部分を教えてくれるから好き
この勉強はいつか役に立つでしょ



2019/06/10

相手が10人でも大丈夫



飴がカゴに沢山盛られているのは
 
公務員系の会議。
 
チョコやクッキーがあるのが
 
民間の会議。
 
以前 軍配は民間だった 
 
しかし最近 会議には糖分が必須なのに気付いた
 
私の小さな脳が小気味よく動き出すのが分かる
 
それ以来 飴である 
 
カバンに入れて
 
つい薦めてしまう「アメちゃんあげる」って
 
〈赤いシリーズ〉


2019/06/07

グスタフ・クリムト




やっぱり日本美術に影響を受けたのね
  
クリムト
 
親しみやすいのはそのせいか
 
あちこちに金色使っているし
 
〈赤いシリーズ〉
上野まで鑑賞に行った妻 図録に
お土産の赤い鉛筆を添えて


2019/06/05

こうじは働きもの


おいしい 運動にもいい
 
さて? どうしてだろう
 
米の糀がいい働きをしているらしい
 
それをちゃっちゃと見せる
 
小っちゃなパンフ出来ました
 
〈赤いシリーズ〉
イラスト:田畑氏
コピー:崎田嬢
手:嫁 
まとめ:ミワのこうじ のオールスター


2019/06/02

カニより好き 


ねぶるぞ
 
〈赤いシリーズ〉
福井の蟹味噌

さらば史郎



「おいしい」を使わず料理の味わいを文字にしたのは画期的
 
これを手本にしたことも多々ありました
 
もう開くことがないので
 
売りに行こっと
 
コミック100巻揃えるなんてもうないだろう
 
〈赤いシリーズ〉


2019/06/01

箸でずっ〜〜と持ち上げられる麺は貴重



近郊のうどんは やわやわ
 
箸で持ち上げると ブツブツ切れ落ちる
 
喉にするする入って 歯も使わない優しさよ
 
しかしたまに、
 
少し骨のある麺に会いたくなる
 
包丁で切りましたよ って四角い麺がこれ
 
途中切れることなく レンズまで寄ってきた
  
久しぶりに噛んでいたら 顎がだれた
 
〈赤いシリーズ〉
清武町 錦

2019/05/28

木で覆われた 


This CD player cost 2,000 dollars in 1985. 

1980年代後半に製造されたCDステレオ
  
いまだに現役
 
販売員がわざわざ出向いて商品の説明
そこでしか買えなかった独特の販売方法
店舗には並んでいなかった
ほぼ百科事典かタッパーウエアのパーティ販売みたい
 
新品で25万円程だったから良い素材を使っている(だろう)
なにせボディは洋画でしか見たことが無い赤黒いマホガニーである
 
デザインはあのイタリアのジウジアーロ
昔のステレオセットのように上蓋が開くのが懐古的
 
ソニーなんだけど
曲をまとめてドーンって売っていたCBSソニーが販売
この為に自社で作ったオリジナルCD10枚が付録ってのも凄い
 
今では陳腐な名前だけど  セレブリティ  ってのは 当時はオサレ
  
まっ セレブでもない私には買えなかったので2005年にヤフオクで購入
〈赤いシリーズ 〉

SONY Celebrity D-3000


2019/05/27

日光の消火栓


 
全国の消火栓ファンの皆さん
 
ご無沙汰です
 
日光東照宮の消火栓は
 
地味だけどサビではない
 
彩度をグッと抑えた赤
 
脇役に徹する健気さよ
 
消火栓ファンは左 〈Category〉 カテゴリー  から 真ん中あたり  “消火栓”  をクリック
 
〈赤いシリーズ〉
東照宮 日光
黒ストッキング+厚底スニーカーも気になるね
令和の旅は終わり

2019/05/24

キラキラ明るい藤城清治展 




 
スゲー楽しい作品たち
 
どれも大きくてスゲー
  
和紙とか使っていてスゲー
 
ガラスから離してボカシとかスゲー
  
そして観客がスゲー多い
 
〈赤いシリーズ〉
バックライトとグラスとピンズで再現してみた
藤城清治展 宮崎県美術館


2019/05/23

みんなが “いいね” と共感するマーク




・乳を出す牛
・牛の世話をする人
・運ぶ人
・製品にする人
・売る人
・飲む人
  
みんなが繋がって関わり合って
牛乳は出来上がるんだよね

その重なる様子を100周年のシンボルマークに
 

〈赤いシリーズ〉
白水舎乳業100周年記念ロゴマーク
デレクションとデザインとコピー:三輪浩治

2019/05/22

エスカレーター 右は空けないで 言っていたのに


「右列を空けるのは止めましょう」
 
ってキャンペーンが昨年首都圏であった
 
田舎もんはそんな情報をとても気にするよ
 
じゃぁ どう空けるの?
 
急いでいるヒトはどうするの?
 
凄く興味があった
 
はたして・・・
 
相変わらず右列は空いていた
 
〈赤いシリーズ〉
到着時、不安で友人に「どっちに並べば良いの?」と電話で聞くと
「大阪は左を空けるねん」って言われた
論点が違う
大阪出身に聞いた私が馬鹿でした


2019/05/20

京浜急行だけに見られる 表示



ホームにて
  
乗り口ガイド
 
色分け、図形での区別、色弱対策など
 
工夫と苦労が見える 
 
〈赤いシリーズ〉


2019/05/18

動く広告 山の手線






動く広告 ずっと見てた
  
表示パネルの低コスト化で今後更に増えるのは必至
 
広告は低コストでスピーディ納品の動画が求められるだろう
 
あと一瞬で広告の方向性が分かるタレントも重要に
 
〈赤いシリーズ〉
私鉄の「○○歯科」って小さな広告も好きなんだけどね

2019/05/17

よく分かる甘酒 手のひらサイズ



ちっちゃいカワイイパンフにしたのは訳がある
 

  1. 小学4年生でも理解できる、柔らかい内容
  2. 1分以内に内容が理解できる、明快さ
  3. 気軽に持ち帰られるスマホ以下の大きさ
  4. 手触りの良さで伝える、好感触

 
これを支えるのが、何度も書き直した
イラストレーション
時間をかけて練り上げたコピー
みんなで考えて作りましたよ
 
仕上がりは、そんなのを感じさせない軽快さ
 
山田錦 甘酒 プレミアム 千徳
千徳酒造株式会社
 
デザインと文字と撮影:三輪浩治
イラストレーション:はにわ広告事務所
コピー:崎田さおり 
〈赤いシリーズ〉


おいしいお米から、おいしい甘酒



なんと日本酒の原料で有名な山田錦のお米
 
その表面を削って良いところだけで作った甘酒
 
試飲して
 
「これだけ美味しいなら
 
消費者へグッと強く突き出すデザインでは無く
 
後ろからそっと押すぐらいのデザインがいい」
 
とスッキリしたラベルにしました
 
特徴は甘酒イコール白色ではなく
 
濃厚さを感じさせる深みのある赤
 
アイキャッチには
 
磨いたお米でパッと開いた花をつくりました
 
商品名はちょっと長いけど覚えてね
 
「山田錦 甘酒 プレミアム 千徳」
 
ネーミングとデザインと撮影:三輪浩治

みやざきアートセンターの
「三輪浩治ワールド」でも展示中
〈赤いシリーズ〉



小さく口ずさんでみる、ヨドバシカメラの唄 


電車は ガタンゴトン のイメージだったのに
 
ヒューー フォーー ってモーターの音なんですね 気にすると
 
新発見
 
発見はもうひとつ
 
みんな直立しているけど
 
揺れるとき
 
ガニマタにして腰を低くすると、とても安定するぜ
 
ははは、誰もやっていないけど
 
誰にも教えなかったけど
 
〈赤いシリーズ〉
山の手線


2019/05/16

ここは南青山




美術館の庭園
 
急ぎ足の黒傘
 
様子を伺う赤傘
 
石畳の濡れ具合も加わって
 
印象的な絵になりました
 
〈赤いシリーズ〉
金箔にカキツバタ 尾形光琳の絵が限定公開
広大な庭園 根津美術館
南青山


2019/05/15

血液のようにガーッと巡る 電車の様が好き



いずれ駅名は記号化されると思っていた
 
外国人に地名は難しいし
 
果たして。
 
ありました
 
東海道線 新橋駅 は JT-02
 
但し 山手線 新橋駅 は JY-29
 
同じ駅でも表記が変わるとか ちょっとあれだけど
 
駅ナンバリングっていうらしい
 
地元は使っているのかなぁ?
 
〈赤いシリーズ〉
関東平野に日が落ちる 西新井付近
東武伊勢崎線より東武大師線オレンジの車両 を望む



2019/05/14

宮崎ブーゲンビリア空港


 
20〜30年ぶりに包装紙リニューアルのためにコンペテション。
 
ブーゲンビリアをよく観察
  
「鮮やかな赤」「群生で咲く」「中央に白いものが開く」などの
 
特徴を上手にデザインしました
 
「ずっと前からある感じ」っていわれた
 
無理なく馴染む様なデザインを心掛けるから
 
そう言われると嬉しい
 
宮崎ブーゲンビリア空港 包装紙 グランプリ受賞
 
〈赤いシリーズ〉




2019/05/13

新聞の自動販売機



新聞の自販機って初見
 
大きく立派に “2” ってあるのは日付だ。
 
ニュース君 ってネーミングもなかなか
 
なんだろう このほのぼの感

〈赤いシリーズ〉
ホリイ新聞店 日光

甘いぜプチトマト



我が街で美味しいのは野菜
 
我が街のカフェで蔑(ないがし)ろにされているのは野菜
 
ここでそう思った
 
表参道のオシャレなカフェ
 
野菜がちゃんと美味しいのにとても驚いた。
 
普段でも口にしたいメニューばかり
 
オマケに、料理の皿がみんな白なのに驚く
    
田舎もんは いちいち驚くよ
 
ついでに、我々の手の大きさと色の違いに驚く
 
〈赤いシリーズ/令和だよ。お江戸編〉
クリスクロス表参道

2019/05/12

表参道にて 



東京が楽しいのは若いスタッフが
 
チャキチャキ働いているところ
 
大阪でも福岡でもこうはいかない
 
ベテランがいて次にバイトの組み合わせ
 
ただ、ベテランは長年居る
 
さて、いつも若者が多い東京
 
ずっと残るのはどれくらいだろうね
  
あそこは、勉強する場所
 
学問もヒトとの付き合い方も
 
そして未練無くサッサと次の生き場所を探すのがいいかもね
 
そうやって地方に風が吹くのだろう
 
今宵、久しぶりの表参道
 
相変わらず、質素で、活発で、オシャレで、若い街
  
〈赤いシリーズ/令和だよ。お江戸編〉
クリスクロス 表参道の裏道

2019/05/11

ちょっと暑い日




石造りだから館内はヒンヤリ
 
訪れるなら今がベストシーズン
 
威厳あるし、明るい黄色だし
 
好きな建物
 
昭和7年から90年近く現役なんだよなぁ
 
〈赤いシリーズ〉
宮崎県庁


2019/05/10

改元、初日の広告



 
改元を題材にした新聞広告集めた
 
私はSEIKOが好き
 
令和と入れていないし
 
当ブログ、画像をタップすると拡大します
 
〈赤いシリーズ〉
ネタが多すぎでアップし忘れていた
新元号から無事10目です


全日空寄席と




あ〜 熟女好きなんだ ってわかる?
  
ディスプレイ大きくて
 
左右後方から好みが見えちゃう。
  
ちがうけど
 
〈赤いシリーズ〉
落語+文庫本
ANA機内

本は「戸村飯店 青春100連発」
この旅とシンクロする上京のお話。久しぶりのホームラン
男兄弟の話なんだが、取り巻く女性の気遣いが 沁みる。
著者の 瀬尾まいこ は「2019本屋大賞」受賞


2019/05/09

延岡の地元紙で



展示会の様子が夕刊デイリーに紹介されました
 
親戚やらから冷やかされた
 
宮崎市内でも「見たよ」の声
 
新聞スゲー
 
〈赤いシリーズ〉

2019/05/07

三輪浩治ワールド[デザイン編3]始まりました


 
花、空、果物など「宮崎の色」をテーマにした展示
三輪浩治がデザインしたパッケージを中心に集めました
  
宮崎空港や霧島酒造の包装紙や
学校給食でお馴染みの牛乳パックなど
普段目にしているものばかり
 
実際の商品を “貼る” など工夫もいっぱい
見応え、読み応えたっぷりです
 
金魚の「深堀展」のついでに是非ご覧ください
 
  
みやざきアートセンター3F(無料)
5/31まで 朝10時〜夜9時半
〈赤いシリーズ〉


2019/05/06

第1旅客ターミナル



旅の段取りと先導をしていただいた妻へ
 
お土産の荷物持ちます。と後ろを付いていくが
 
見失う
  
〈赤いシリーズ/令和だよ。お江戸〉
羽田空港 第1旅客ターミナル


昭和生まれは、あえて東京タワー 



展望台はプロジェクション・マッピング
 
キラキラ光と 東京の夜景と
 
これはパーティ
  
興奮具合はもうディスコ
 
〈赤いシリーズ/令和だよ。お江戸〉
これは5/6まで 大人900円
東京タワー 


ゆばそば 




“ゆば” ってどんなものだろう
 
我が街にはありません
 
牛乳のあの膜みたいなもの?
 
蕎麦の具で出てきたぞ。
 
くるくる巻かれて、その弾力を楽しむ
 
“しゅんだ” お汁を、一緒に味わう
 
なるほど。

〈赤いシリーズ/令和だよ。日光〉
しかし奥さん、よく調べているなぁ
ベタなご当地モノ 本モノを GOODチョイス!

手打ち生蕎麦  魚要 日光


春 最中



宮崎と季節が二十日間ぐらいズレていて面白い
 
関東はツツジが見頃
 
桜もあったし
 
〈赤いシリーズ/令和だよ。日光〉
東部日光駅


赤い他人と



これでもか  これでもか
 
彫刻の わんこそば 状態
 
アイテム全てにストーリーがありそうで
 
もうクラクラ
 
めまいすら感じるヘブンの入口
 
これはもう家康Saiko〜
 
〈赤いシリーズ/令和だよ。日光〉
陽明門(ようめいもん) 日光東照宮 


日光を舐めていた 凄く混む




さて、日光東照宮 チケット買うだけで2時間
  
男体山に雪のなごりがあり
 
山からの冷えた風が気持ち良い
 
みな静かに待っているご様子
  
〈赤いシリーズ/令和だよ。日光〉
私たちは事前に購入したからスイスイなのだ

2019/05/05

銀座あちこちがショールーム 実はヒトのショールーム


我が家の車庫には入らないと
 
妻と確認した
 
色は良いのだけどなぁ(笑)
 
NISSAN  GT-Rコンセプト 
 
〈赤いシリーズ/令和だよ。お江戸編〉
NISSAN CROSSING 銀座


この通りは今も明るいなぁ 



就職したての頃
  
毎日営業でぐるぐる回っていた通り
 
まだペーペーのビンボーだったから
 
ここでお買い物も、お茶もできなかったけれど
 
カメラのショーケースに貼り付いていたけれど  
 
今日、全部してしまった
 
ITOYAでちょっと高価なピンズを買って(貰って)
 
椿屋珈琲店で食事までして
 
買えなかったニコンで写真を撮ったりして
 
ちょっと胸がスッとした
 
〈赤いシリーズ/令和だよ。お江戸編〉
日の丸が沢山 銀座

皇居周りは静かに、にぎやか




大勢の観光客 外国人 立ち漕ぎ自転車 ベビーカー 
 
それらだけでもカオスなのに
 
派手な屋根無しバスが滑り込む
 
もうお腹いっぱいの風景。
 
〈赤いシリーズ/令和だよ。お江戸編〉5/3
一般参賀は翌日
二重橋 馬場先門


島倉千代子が浮かんでは消える  


日本人も外国人もあてなく
  
二重橋へ向かう
 
到着するが何も無い
 
あるのは大量のコーンポールと
 
大勢の警備
 
だから、一般参賀は明日
 
〈赤いシリーズ/令和だよ。お江戸編〉5/3
折角だから陛下にご挨拶と思うが
開門いていないので会えませんでした



半袖にすれば良かった


一般参賀の前日だが
  
東京駅から皇居へ向かう道は
 
なかなかのにぎわい
 
日の丸は なびかない
 
無風で高温 宮崎市より暑いらしい
  
〈赤いシリーズ/令和だよ。お江戸編〉5/3
修復後初めての東京駅


交差点もお祝い


ピカピカの日の丸
 
ああ祝日だ
 
〈赤いシリーズ/令和だよ。お江戸編〉
表参道交差点

2019/05/04

令和、123



GW都会は皆脱出して静かだから
 
と選んだ 5/1, 2, 3
 
今、東京はどうなの? デザインやマーケティングのお勉強
 
江戸の彫刻はどうなの? 北関東へアートを訪ねる
 
陛下にご挨拶はできるのか?
 
やはり首都は静かなのか? 混んでいたのか?

はてまた “赤” は見つけたのか?
 
〈赤いシリーズ/令和だよ。お江戸編〉
東京駅


誓い 




明日からダイエットします
 
自撮りするも 顔が写りません
 
〈赤いシリーズ/令和だよ。お江戸編〉
代々木上原 東京ジャーミイ

代々木上原の東京ジャーミイ



令和元日なのに
 
何故か渋谷のモスクに行ってみる
 
神社仏閣と変わらず
 
神聖な空気が流れる
 
トルコブルーが美しい
  
〈赤いシリーズ/令和だよ。お江戸編〉
「一般公開の日」奥さん、よくこんな情報見つけてくるなぁ
しかもデザイン様式がとても興味深いし

2019/05/03

高輪口 



「この地へ帰って来たー」感はタレント広告
  
チョット古い駅のガサガサ感が好き
 
今回は品プリがお宿
 
〈赤いシリーズ/令和だよ。お江戸編〉
令和初日江戸へ向かう
陛下へのご挨拶とデザインの旅



令和初日、お江戸へ


ANA 機内安全ビデオがおニューどすえぇ
 
全編  バエ  するんだけど
 
私はココが好き
 
〈赤いシリーズ/令和だよ。お江戸編〉
宮崎空港