2014/07/22

小さな未来、見つけた

The electric socket of an electric vehicle 


食べても食べても無くならない食べ物

ピッチピッチで銀色の服

世話をしてくれるロボット

勝手に想像していた未来は随分ズレていたようだ




市街地では無く離れた綾町に

車用の充電器が鎮座していた

未来はいつの間にかは現実になっていく

〈赤いシリーズ 312〉綾町 ほんものセンター


0 件のコメント:

コメントを投稿