2015/12/22

スリー花嫁ズ




「舞妓さんの格好で京都を歩こう」なんてのは、もうありふれていて、日中闊歩している舞妓さんはその手のコスプレだ、なんて観光客も薄々気が付いています。金髪の舞妓さんはいないしね。
何故か妻は芸事の教室の場所を知っていて、そこにそそくさ入るのは本物と教えてくれた。そう言われると、ちょっと上品な気がするが、正直見分けはつきませんでした。
京都イコール舞子さんはやはり絵になりますねぇ。
 
さて、ある箇所に花嫁さんがワンサカ。どうやら結婚式の前撮りらしい、どこに行っても写真映えする京都の街だからできる商売なんですね、調べると結構良い額。
花嫁衣装の撮影を頼まれるが、良いロケ場所をロケバスを借りて巡るのを考えると二の足を踏む。フォトジェニックな場所が少ない宮崎では羨ましい限りである。
神社ではなく、小さな路地で思う存分撮られるのはさぞ気持ちいいでしょう。
 
写真は丁度3人が並ぶであろう場所を陣取り、三者がうまく重なるのをじっと待ってみた。

〈赤いシリーズ 554〉関西編その9
京都府 祇園なん波 白川南通


0 件のコメント:

コメントを投稿